« 2019年1月 | トップページ

2019年2月の投稿

2019年2月11日 (月)

シークレット・チルドレン(原題 ONE&TWO)

2015年の作品。テアトル系の未体験ゾーンの映画たちで上映された。監督はアンドリュー・ドロス・パレルモ。

マイナーな映画だが、映像も音もなかなかいいじゃないかと思った。クオリティは高い。しかし、ストーリーは地味。瞬間移動するだけで、ゾンビが出てくるわけでもないので刺激が少ない。こういう映画は流行らないね。

監督は今後の作品次第では化ける可能性があるかもしれない。

安倍晋三について思う

ユニクロの柳井正は、日本経済新聞のインタビューのなかで、アベノミクスは株価を上げただけだと言い切った。日本経済を停滞から脱却させるためにインフラ整備が必要なのだが、滞ってしまったと嘆いた。
安倍政権が実行する政策には統一性がなく、その時々で、アメリカだったり、ロシアだったり、財界だったり、公明党だったりするが、相手の気に入るように税金をばらまいているのである。しかし、外国のなかでも韓国には金を使わないし、日本の貧困層には非常に冷たい。
経済面でやったのは、円安誘導と株価の引き上げであった。これによって、大企業は利益を増やし、富裕層の資産を増やした。一般勤労者の生活は豊かにならないどころか悪化している。経済成長率は他の先進国に比べて著しく低い。総合的に見て、失敗だったと言えるだろう。
政治においてはどうか。外交面では、いろいろ動いていることは確かだが、成果に乏しい。税金を使って経済協力をしているのだがリターンはどこにあるのか分からない。お金で友好関係を買って、支持率向上を図っているように見える。
国内政治における最優先課題は憲法改正である。軍隊を公式に認め、戦争ができる国にし、周辺に圧力をかけることである。これが政治家としての最大の目標である。他のすべての行動は、この目標を達成するためにこそ進めているのである。
安倍の思想と行動は、日本の国家と民族にとってリスクが大きく、自民党のなかにも内心危惧する者が多いのではないかと思うのだが、それができず追随してしまうのは、彼を支えている勢力が実に厄介であるからに違いない。彼は、フェイクも交えて政敵を攻撃し、言い逃れもする。最近では言論統制も露骨になってきた。
結論を言うと、彼こそ民主主義の破壊者であり、国益をないがしろにする、国民の真の敵だと言わねばならない。

2019年2月 3日 (日)

ひかりの歌

映画「ひかりの歌」を観ました。放映後、舞台挨拶がありました。杉田協士監督、第4章主演の松本勝さんと並木愛枝さんです。俳優さん二人は脇役ですが見たことのある方も多いでしょう。この映画は4首の短歌をもとにした4章の物語で構成されています。元が短歌ですから、少ないイメージから膨らませるのは難しいのでしょう。はっきりしない話もありました。最後の4章は夫婦の話だったので受け入れやすかったのです。
舞台挨拶付きで、映画ファンには興味をそそりますが、残念なことに客は数少ない。松本さんは住吉区の出身なので、知り合いとかもっと来てもいいのになあ。

Img00254_2

七つの会議

私の趣味のなかに映画鑑賞がある。年に70~80本観るので、趣味だと言って間違いないだろう。これだけの頻度で観るようになったのは3年ぐらい前からだ。

本数を見ていると慣れや飽きも生じるが、いくらか目が肥えてくるということもあろう。つまらないと思う作品の割合が少なくなったと感じるのは、飽きのせいなのか、肥えた目のせいなのか。

ちなみに、2017年、2018年それぞれ私のベスト5を挙げておこう。本数が限られるので、一般の批評とはずれているが、趣味だから仕方がない。もっとも、映画評論家だって評価が分かれるだろう。


2017年
①沈黙
②エリザのために
③ありがとうトニ・エルドマン
④ハート・ストーン
⑤ローサは密告された
2018年
①ビート・パー・ミニット
②ビッグ・シック
③万引き家族
④ブリグズビー・ベア
⑤ボヘミアン・ラプソディ

こう見ると日本の作品が少ない。見方が厳しくなっているかもしれないが、テーマのえぐり方が甘いような優しいような気がする。目に見えない表現への制約があるのかもしれない。報道の劣化と同じ現象なのかもしれない。
さて直近で観たのは「七つの会議」だ。扱われているのは、企業における品質にかかわるデータ偽装で、実際にその手の事件が続いているだけに興味深い。ただし、時間の制約で話は単純だ。基本的に娯楽映画なので、ユーモアを交えつつ見やすいように作ってある。
野村萬斎と香川照之は実力者で、その演技の派手さでは「歌舞伎対狂言」というのような表現をしたくなるほど印象的である。

今日も、邦画を観る予定である。
 

« 2019年1月 | トップページ