« パブロンゴールドは麻薬だった | トップページ | 北朝鮮を望む »

2019年1月20日 (日)

ソウルは寒かったが、美味しかった

年が明けて、8日から10日までの3日間、ソウルに出張した。通して寒かったが、3日目の朝は氷点下10度まで冷え込んだ。札幌よりも低い気温である。
行く前に風邪で微熱が出ていたので、この寒さはこたえた。なんとか持ちこたえたという感じである。
初めての韓国で、ハングル文字が読めず、町の詳しい事情は分からないが、文化的には差を感じなかった。上海よりもホーチミンよりも近い。地理的に近いから当然ではあるが。
特に食べるものに抵抗がない。鍋料理は辛いがおいしい。キムチもおいしい。
向こうの人の話では、キムチを作る家は、2軒に1軒程度に減っているようだ。外食で出されるキムチは中国産が多いらしい。

Img001893

Img001903

Img001962

« パブロンゴールドは麻薬だった | トップページ | 北朝鮮を望む »