« 2017年10月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の投稿

2019年1月21日 (月)

北朝鮮を望む

ソウル出張のついでに取引先が「統一展望台」に連れて行ってくれた。イムジン河と漢江が合流する付近の丘に展望台があり、観光客が集まる。平日だったので、人はまばらである。
肉眼で北朝鮮領土が見える。詳細は分からないが、赤土色に見える。山にも緑は少ない。同伴者の話によると、燃料に木を切ってしまうのではげ山になるそうだ。
望遠鏡ではっきり見える。黒っぽい服を着た人が歩いているのが見える。車は走っていない。高層の建物が何棟か建っているが人の気配はしない。同伴者の話では、住んでいないか、住んでいたとしても軍人の家族ではないかとのことであった。
いずれにしても韓国側と比べて何もない印象であった。
イムジン河水清く。

Img002122

2019年1月20日 (日)

ソウルは寒かったが、美味しかった

年が明けて、8日から10日までの3日間、ソウルに出張した。通して寒かったが、3日目の朝は氷点下10度まで冷え込んだ。札幌よりも低い気温である。
行く前に風邪で微熱が出ていたので、この寒さはこたえた。なんとか持ちこたえたという感じである。
初めての韓国で、ハングル文字が読めず、町の詳しい事情は分からないが、文化的には差を感じなかった。上海よりもホーチミンよりも近い。地理的に近いから当然ではあるが。
特に食べるものに抵抗がない。鍋料理は辛いがおいしい。キムチもおいしい。
向こうの人の話では、キムチを作る家は、2軒に1軒程度に減っているようだ。外食で出されるキムチは中国産が多いらしい。

Img001893

Img001903

Img001962

2019年1月19日 (土)

パブロンゴールドは麻薬だった

私は風邪の症状が出ると、パブロンゴールドAを飲む。そうすると、だるかった体が楽になり、気持ちがよくなってくる。「これはよく効く」と感じ、常用薬になっており、大箱を常に備えているし、会社の机の引き出しにも何袋か入っている。

しかし、毎日新聞の記事によると、麻薬的な効果があり、依存性を生じるようだ。若者には乱用する者がいるらしい。ネットでそういう情報も飛び交う。
市販薬と言えども、そういう性質をもったものがあるということを知り、適切に使用することが大事だと知らされた。というよりも、市販薬の方が危険なのだ。医師が処方する薬は量が制限されるが、市販薬はいくらでも買えるのだから。

初めてのスマホ

昨年の11月に初めてスマホを持った。それまでは持たぬ主義だったが、仕事で持たざるを得なくなり、それならばプライベートもスマホにするかと気持ちが変わった。
使ってみるとこれほど便利なものはない。確かに、皆が言うように、電話に限ればガラ携が便利だが、他の機能が満載で、今は重宝している。
フェイスブックをやっているが、これまでは家のパソコンで見ていたので、タイムリーな反応ができなかったが、出かけた先での写真や動画を即時に投稿できるのでニュース性が高まる。友達の投稿にもすぐに「いいね」できる。
新たに使い始めたアプリがいくつかある。
1 ツイッター 
始めたばかりなのでフォローしている人は十人余りだ。何人か例をあげると、「玉城デニー」「雨宮処凛」「田村淳」「立川志らく」。質の優劣はともかくも、報道機関を通さない情報が入ってきて面白い。
2 ライン
家族との会話には便利だ。気の利いたスタンプを返すのも面白い。災害など、困ったときの連絡には威力を発揮しそうだ。
3 カレンダー(ライフベア)
スケジュール管理に便利だ。前日に明日の予定を知らせてくれる。仕事の予定も入れておけば、家でも確認できる。
4 Qメモ
記憶力が減退しているので、覚えておきたい情報はメモする。
5 Amazon Kindle
外出先で本が読める。ただし、基本は印刷物の本。
6 テレビ
外出先でテレビが見れる。スポーツ中継など。
7 ライブラリー
新聞や雑誌の注目すべき記事を写真に撮っておき、後で見返す。
最後に、歩きながらスマホをいじることはしていない。やめましょう。
 

« 2017年10月 | トップページ | 2019年2月 »