« 巡りあわせが運んでくる運もあれば、努力が引き寄せる運もある | トップページ

2017年4月 2日 (日)

凡夫の自覚

 人間、みな、ちょぼちょぼだ。こういう思想が私にはある。
 
 努力している人間は、いちおう評価はするけれども、その努力の目標が他の人の利益を損なうようなものでは感心できない。名をあげ、財を成したとしても、もともとはその人の欲求に発することである。成功して自分が偉いと思い、鼻高々に振舞っては普通の人以下である。謙虚に振舞っていればまだ敬意を示すこともできる。
 自分は、そもそもが平凡な人間であること。多くの煩悩をかかえた人間であることを覚る必要がある。それで、世の中の問題が解決されるわけではない。しかし、自己主張を抑えて、相手の言うことを聴いてみようと思うことは、民主的な解決への糸口にはなるだろう。
 少なくとも、個人の問題としてとらえた場合、救済の根拠にはなるように思う。

« 巡りあわせが運んでくる運もあれば、努力が引き寄せる運もある | トップページ