« 犯罪とその手段について 盗撮から考える | トップページ | 古寺の衰退を防ぐ »

2016年7月11日 (月)

追悼 永六輔

 2011年6月19日のブログより
「下を向いて歩こう」
 坂本九の「上を向いて歩こう」は1961年に発売され、内外で大ヒットした。私が3歳の時である。したがって、物心ついた時にはすでに誰もが口ずさむほどに親しまれていたに違いない。私自身も子どものころからよく歌っていたように思う。どの程度かは分からないが、日本の国民に希望を与えたのではなかろうか。私はこの曲を日本の国歌にすればよいという考えを持っている。

 ところで、タイトルの「下を向いて歩こう」だが、これはうな垂れて生きようという意味ではない。組織や社会の底辺に視線を向けようという趣旨である。
 社会のレベルで言えば、職に就けない若者たちであり、障害等の理由で生活に困窮する人々であり、大地震で被災した人々も加えなければならない。組織で言えば、現場で働く労働者のことであろうし、上司から見れば部下の社員のことを表わすだろう。

 上を目指すのはよいが、上昇志向が強すぎると、自分から下へは視線を向けなくなる。上ばかり気にして生きていくことになるのである。けっきょく、下からの支持を失い、上昇もほどほどのところで止まってしまう。それはそれでその人のなした業であるから仕方がないのだが、そういう傾向があることを承知して事に当たりたい。

 これは処世訓というよりは、ポリシーの問題かもしれない。自分の利益を優先したら、自ずと下に目が行かなくなる。

« 犯罪とその手段について 盗撮から考える | トップページ | 古寺の衰退を防ぐ »