« 孤立はリスクだ | トップページ | マスコミの右傾化 »

2016年5月11日 (水)

オバマ氏の広島訪問に期待しない

 オバマ氏は単なる善意で広島を訪問するのではない。彼はアメリカ大統領の立場で行動するのだから政治的意図を持って来日するのである。彼の眼は、中国と北朝鮮を見ているのであろう。安倍氏も同様であるが、彼の場合はそれ以上にアメリカを見ているのであろう。 

 これからオバマ氏の行動は、平和への動きとして一定の評価を得ることだろう。しかし、今回のことは、オバマ氏および同伴する安倍氏の思惑に関わらず、われわれ自身がどう考え、どう意味づけるのかという観点でしか扱いようのない問題である。

 アジアの緊張を緩和する方向にこの出来事を活かす道を考えること以外に意味はない。平和的ムードに侵されるぐらいなら、目を背けて、居酒屋で酒でも飲んでいる方がよほどましである。

« 孤立はリスクだ | トップページ | マスコミの右傾化 »