« 三室戸寺へ | トップページ | 「無知」のリスク »

2014年5月22日 (木)

「孤立」はリスクである

 人間関係の豊かさは、そのままセーフティネットとなるだろう。

 人間は一人では生きていけない。生まれた時から死ぬまで、ずっとそうである。生産の場においてもしかり、消費の場においてもしかりである。人間関係が豊かであれば、心理面でも安定するであろうし、生活が危機に瀕しても援助は得られやすいだろう。

 家族のいない老人、職のない若者、路上生活者。リスクは大きい。「孤立」はリスクである。これは、企業や国家においても言えることだ。

 持つべきものは友というが、まったくその通りであって、最近つくづく思う事である。

« 三室戸寺へ | トップページ | 「無知」のリスク »