« いよいよ危険な「ながらスマホ」 | トップページ | 三室戸寺へ »

2014年4月29日 (火)

恐ろしや「月刊WILL」

 梅田の紀伊国屋に行くと、雑誌のコーナーに月刊WILLが十数冊の山で6山も置かれていた。世界、中央公論、諸君などが数冊ずつなのとは対照的である。WILLが売れているとしても、そこまで極端な差はないと思うのだが、これはいかなる理由か。

 憶測するに、本屋が積極的に売りたがっているか、出版元の強いセールス活動があるからか。何かしらの意図が働いているに違いない。安倍政権による政策の右傾化と関係があるのではないかと思えて仕方がない。

1281681159_l

« いよいよ危険な「ながらスマホ」 | トップページ | 三室戸寺へ »