« 三重県熊野市元市会議員N氏のブログ | トップページ | 兵食を食べる »

2014年1月16日 (木)

怨念を残すな

 韓国で最も有名な日本人は、豊臣秀吉と伊藤博文だそうだ。侵略された恨みは民族の記憶として千年も受け継がれる。恨みを残すような行為、行動は避けなければならない。それを解消することは極めて困難である。

 アメリカ人は、パールハーバーを忘れないだろう。あの奇襲は、映画のセリフにもあったが、眠れる巨人を目覚めさせたのである。奇襲から入らざるを得なかったのは、短期決戦でしか勝機のない日本の国力を表していたのだ。そもそも開戦すべきではなかった。

 日本人にも恨みはある。沖縄であり、広島であり、長崎であった。アメリカは原爆を投下すべきではなかった。われわれは、それを決して許したくはない。しかし、このような恨み恨まれる関係を、単に忘れるというような消極的は方法でなく、解消する方法はないのだろうか。

 民族にこだわりつつ、民族を超えたところに普遍的な価値を見出したい。

« 三重県熊野市元市会議員N氏のブログ | トップページ | 兵食を食べる »