« 怨念を残すな | トップページ | 妻がかけがえのない存在だと気が付いた »

2014年1月21日 (火)

兵食を食べる

 映画「バルジ大作戦」で、ロバート・ショウ演ずるヘスラー大佐が吐いたセリフである。

 戦地にて特別食を出された大佐が部下に兵隊と同じものを出すように命ずる。兵士と同じものを食べれば、兵の現状を知ることができるからである。

 娯楽映画の中のちょっとしたセリフだが、教訓的だ。自分が指揮する組織の実力を知らずして敵と戦うことはできない。彼を知り己を知れば百戦してあやうからず。自分が贅沢な境遇におれば、隊に余力があるかのごとく理解してしまう恐れがある。

 思い起こせば、10年ほど前に亡くなれた会長は、社員と同じ給食屋の冷めた弁当を食べていた。

« 怨念を残すな | トップページ | 妻がかけがえのない存在だと気が付いた »