« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の投稿

2014年1月28日 (火)

マルハニチロ農薬混入事件に思う

 農薬を意図的に混入した疑いで逮捕されたのは契約社員であった。生産ラインに入っていた労働者の多くは契約社員であったから、この結果は想像できた。

 報道によれば、この契約社員の年収は2百万円ほどだったという。これまでに目にした統計では非正規社員の年収は正規社員の4割から5割程度であった。これは平均なので、正規社員の待遇がいい企業だともっと差が広がることになる。

 賃金の差にふさわしい労働の質の違いがあればまだ納得もしようが、実際はそれほど違いのない場合が多い。自ずと不満が溜まっていく。とはいえ、農薬を混入させるような行動をとる者は滅多にいるものではない。大半が我慢をして働いているのである。正社員の口はなかなか見つからないから辞めるわけにはいかないのである。

 しかし、放置はできない。この格差は少しずつであれ改善されなければならない。改善されれば少しは自分たちのことを気にしていると思うだろう。ところがマルハニチロの場合は賃金を絞ったらしい。それでは沈潜していた不満が表に出てきても不思議はない。

 リスク管理という視点で、いかに毒物等を持ち込ませないか。監視カメラを増設したり、ライン間の移動を禁止したり、ボディチェックを強化したりなどの方策が提起されているが、リスクを減らすためにはもっと別のことを考えなくてはならない。それは職場の人間関係を良くすることである。お互いに関心を持つようになれば、異常な行動は抑止されるだろう。もう一つは、先ほど言った待遇の改善である。

 同じ類の事件が続発するとは思わないが、忘れたころにまた起こることは十分に考えられる。企業の力が問われる問題である。

2014年1月26日 (日)

生きてるって言ってみろ!

たまにはこういう歌も刺激的でいいものだが、なにがどうあれ、人は生きているのである。生きていることさえ、忘れて。

ビッショリ汚れた手拭いを
腰に結わえてトボトボと
死人でもあるまいによ

自分の家の前で立ち止まり
覚悟を決めてドアを押す
地獄でもあるまいによ

   生きてるって言ってみろ!
   生きてるって言ってみろ!
   生きてるって言ってみろ!

淋しさ優しさ苦しさは
この世のせつないメロドラマ
屠殺場でもあるまいによ

ヒッピーフーテン乞食の子
なげきの喜びいじくって
廃人でもあるまいによ

   生きてるって言ってみろ!
   生きてるって言ってみろ!
   生きてるって言ってみろ!

夢と現実ぶらさげて
涙と孤独を相棒に
コケシでもあるまいによ
長髪マンネリいさぎ良さ
根っこの太さはどこへやら
墓石でもあるまいによ

   生きてるって言ってみろ!
   生きてるって言ってみろ!
   生きてるって言ってみろ!

2014年1月24日 (金)

妻がかけがえのない存在だと気が付いた

 会社の同僚であるSさんは、昨年の夏に突然奥さんを亡くした。その後の彼の動揺は半端ではなかった。精神的ショックから、抗鬱剤、精神安定剤に頼る日々が続いている。

 そういう彼を見ていると、当たり前に同じ空間で暮らしている妻の存在を改めて確かめたい気持ちになる。ほとんど会話のなかった相手に、少し話しかけてみる。休日には、外出を誘うようになる。やはり、いなくなったら困る存在である。

 いつ死が訪れるかもしれない。それは自分の方かもしれない。当たり前のように生きている感覚があるが、「当たり前」はないのである。命とは尊いものであり、連れ合いはかけがえのないものである。大事にしたい。

2014年1月21日 (火)

兵食を食べる

 映画「バルジ大作戦」で、ロバート・ショウ演ずるヘスラー大佐が吐いたセリフである。

 戦地にて特別食を出された大佐が部下に兵隊と同じものを出すように命ずる。兵士と同じものを食べれば、兵の現状を知ることができるからである。

 娯楽映画の中のちょっとしたセリフだが、教訓的だ。自分が指揮する組織の実力を知らずして敵と戦うことはできない。彼を知り己を知れば百戦してあやうからず。自分が贅沢な境遇におれば、隊に余力があるかのごとく理解してしまう恐れがある。

 思い起こせば、10年ほど前に亡くなれた会長は、社員と同じ給食屋の冷めた弁当を食べていた。

2014年1月16日 (木)

怨念を残すな

 韓国で最も有名な日本人は、豊臣秀吉と伊藤博文だそうだ。侵略された恨みは民族の記憶として千年も受け継がれる。恨みを残すような行為、行動は避けなければならない。それを解消することは極めて困難である。

 アメリカ人は、パールハーバーを忘れないだろう。あの奇襲は、映画のセリフにもあったが、眠れる巨人を目覚めさせたのである。奇襲から入らざるを得なかったのは、短期決戦でしか勝機のない日本の国力を表していたのだ。そもそも開戦すべきではなかった。

 日本人にも恨みはある。沖縄であり、広島であり、長崎であった。アメリカは原爆を投下すべきではなかった。われわれは、それを決して許したくはない。しかし、このような恨み恨まれる関係を、単に忘れるというような消極的は方法でなく、解消する方法はないのだろうか。

 民族にこだわりつつ、民族を超えたところに普遍的な価値を見出したい。

2014年1月 5日 (日)

三重県熊野市元市会議員N氏のブログ

 N氏のブログを好んで読んでいます。なかなか鋭い考察があります。

 1月4日 「食品汚染 危ういマスコミ体質」

 マルハニチロ系の会社が引き起こした農薬混入事件
 ようやくマスコミが大きく報じ出しましたが、中国の時と随分違います。
 中国の時は対応が遅いとか原因究明が遅いとか一杯騒ぎました。
 今回も会社の反応はものすごく遅かったし、原因究明への動きも速いとは言えません。
 なのに、そっと報道する感じで推移していました。
 日本企業に傷が付くのを恐れたの???
 政府の思惑でも入っていたの???
 経緯から言って中国同様従業員による犯行の可能性が無茶苦茶高かったのに・・・

 このマスコミの体質・・・
 本当は怖いんですよ。
 このニュースの扱いが押さえきれなくなるまで小さかったことだけじゃ無いです。
 これも、戦前の大政翼賛報道と同じ体質なんです。

 「自国を愛する」と、言うのとは少し違うんです。
 外国、仮想敵国みたいな物を作って、そこに関しては煽るように排他的な報道をする・・・
 普段、中国などの報道がそうなっていると非難している日本のマスコミも時としてこんな風になります。
 その傾向は今の「右傾化」によって徐々に目立ってきています。

 国内向きには良いでしょう。
 しかし、国際的に見れば疑いの目で見られるのは間違いないです。
 本当の意味の兄弟国も同盟国も存在しませんからね。
 西欧諸国から見ればアジアの何をするか解らない国なんです。
 アジアから見ると、ちゃんと立てておかないと何をするか解らない国なんです。
 半世紀余り前のことを日本は忘れて、「あれは正義だった」なんて言えても、他国からは絶対にそうは成りません。
 卑屈にならなくても良いけど、行為を全否定したり、正当化するのは国際的には無理でしょう。
 今度の扱いでも見る人は日本の体質に結びつけていると思います。

 日本国内でも起きることですから同じように扱わなくては成らないでしょう。
 むしろ、今の日本企業の現場では派遣労働・臨時雇用の比率が高くなり、愛社精神など消えてきていますから、企業内でのサボタージュ・破壊活動が多発してもおかしくないと思います。
 役所の中も同様なんです。
 役所にいる職員の40%以上が「非常勤職員」・・・昔で言う「臨時職員」なんですからね。
 おかしいんです。
 大切な行政を身分保障の無い人に任せているのですからね。
 そして、それをマスコミさんはまともに報じておりません。
 ややもすると、全部ひっくるめて「公務員」として扱います。
 マスコミが曲がった国は危ういです。
 ヒトラードイツ・大日本帝国・北朝鮮・シャウセスクの国・・・
 マスコミが政権の方についてプロパガンダなんてのをやり出したら、自分の首も絞めて国を曲げます。
 正月早々、心配なことです。

2014年1月 4日 (土)

若者のコミュニケーション

 恒例ですが、お正月は三重の実家で過ごしました。

 「行き」は一人でしたので、ゆっくりと各駅停車の旅でした。途中の駅で制服を着た高校生の塊が乗ってきました。自分の高校生の時代を思い出し、さぞかし騒々しくなるだろうと覚悟したのですが、誠に静かなもの。ずいぶんお行儀がよくなったと感心したのもつかの間、実は皆スマホに目を落としているのでした。

 友達同士のコミュニケーションはどうなったのでしょうか。もしかして目の前の友達とスマホで会話していたりして・・・。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »