« 社外取締役を義務化する必要はあるか | トップページ | 「日本版NSC(国家安全保障会議)は戦争をするための法律」元外交官 佐藤優氏の解説について »

2013年12月 7日 (土)

特定秘密保護法

M君へ

 賛否はいったん棚に上げるとして、自分なりに整理してみたいと思います。的が外れているかもしれませんが・・・。この手の法案は、直接的に政治的だから激しくぶつかっちゃいますね。たとえば会社法の改正とかだったら決めるのは政治だけれど、内容は経済活動のことですからこんな騒ぎにはなりませんね。

 この手の法案は、内容が抽象的なので解釈がいろいろ分かれます。一方はこうなると言うし、他方はそんなことはないと言う。これは秘密保護の法案だから、具体的に書くと秘密ではなくなるという矛盾もあるんでしょうね。

 この手の法案には、当然提出される背景や意図があります。非常に政治的な色彩を帯びたものです。こういう背景や意図まで含めて賛否が決められるんだと思います。法案の条文自体を云々することも、通れば効力を持つので大事ですが、実際の闘争は意図と意図とのぶつかり合いなんでしょう。けっきょく、通ったら提出した側の解釈で運用されるのです。もっとも、政権が弱体化すれば運用の仕方を変えざるをえなくなるでしょうけど。院内の力関係と院外の力関係との複合で動いていくものでしょうね。実際は院内の力関係が大きいですけど。民主主義というのは投票することだけじゃなくて、院外に多様な活動が存在することだと思うのですが・・・。

 ちょっと話がそれましたが、賛否はともかく、自分の意見の根拠はしっかり押さえたいですね。たしかに気分で賛成したり反対したりするのはよくないと思います。あまりまとまりませんでした。

« 社外取締役を義務化する必要はあるか | トップページ | 「日本版NSC(国家安全保障会議)は戦争をするための法律」元外交官 佐藤優氏の解説について »