« ポイントは「補強」か 読売巨人軍 | トップページ | 新鮮な食材は限られる いいものは富裕層に独占される »

2013年11月10日 (日)

「天は二物を与えず」 与えるのは「天」ではない

 「天は二物を与えず」というが、妬ましいほど才能豊かな人物もいる。才色兼備の女性がいれば、イケメンで頭脳明晰な男性もいらっしゃる。

 イケメンでなくても複数のことをハイレベルで達成している人もいる。弁護士で、法科大学院の教授で、弁護士会の要職に就き、ピアノはコンサートを開くほどの腕前で、マラソンでもいいタイムを持っている。

 こういう人にしても無条件にそうなったのではなかろう。家庭環境にも恵まれていたに違いないし、遺伝的要素もあろう。しかし、人一倍の努力はしたはずだ。集中力が人並み外れて高いこともあるだろう。そういうことを考えずに、ただ羨ましがっても仕方ない。

 少なくとも、天から授かったものではあるまい。遺伝という意味では親から授かったのであり、生活環境という意味でも親の影響が大きい。ただし、それだけで誰もが成功するわけではない。環境に甘えて、自分は偉いのだと勘違いをして、挑戦することを忘れていては何一つ成就しないし、人の役に立つこともできない。

 まわりの人々の支援と本人の努力が相俟って、結果が出るのである。才能とはあくまで「種」であって、豊かな実りが得られるまでには年月が必要なのである。

« ポイントは「補強」か 読売巨人軍 | トップページ | 新鮮な食材は限られる いいものは富裕層に独占される »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポイントは「補強」か 読売巨人軍 | トップページ | 新鮮な食材は限られる いいものは富裕層に独占される »