« 熊野市市長選挙 中田征治氏の運動(氏のブログより) | トップページ | 経済的自由と政治的自由との関係 »

2013年10月26日 (土)

教訓となる失敗

先日友人から次のような失敗談を聞きました。

友人は大学を出て某水産会社に就職し、商品企画の仕事に就きました。

辛い「から揚げ粉」を企画し、成分を考えて工場に試作依頼しました。

出来上がった試作品を使ってみると、唐辛子をたくさん入れているにも関わらず、辛くありません。

そこで、これでも足りないとさらに唐辛子を増やすことにしました。

これを何度も繰り返すうちに、工場が「こんなものお客さんに売れません。」と怒ってきました。

工場へ行ってみると、釜の底の方に少しだけ粉を入れ、残りのほとんどが唐辛子になっていました。

実は、辛さの素であるカプサイシンは油に溶けてしまうことが分かったのです。

正しくは、肉そのものに辛子を付け、その上から粉を付けるべきでした。

思い込みといいますか、無知が呼んだ失敗ですが、あれはいい勉強になったと友人がしみじみ語っていました。

自分で考えたから失敗が大きな教訓になったのでしょうね。

上司の指示だったら、ただ上司が馬鹿だったという結論にしかならないでしょう。

« 熊野市市長選挙 中田征治氏の運動(氏のブログより) | トップページ | 経済的自由と政治的自由との関係 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野市市長選挙 中田征治氏の運動(氏のブログより) | トップページ | 経済的自由と政治的自由との関係 »