« 業界格差 | トップページ | 石原 猪瀬 橋下 カジノ知事 »

2013年9月15日 (日)

ああ東京オリンピック

 東京に決まりましたね。

 ほかの条件を考えなければスポーツの祭典として興味深いし、パラリンピックのアスリートの姿も感動的であります。

 しかし、お金がかかります。猪瀬知事が4千億円も予算があると豪語しました。これだけ競技施設の建設などに使えば、大手の業者は大喜びでしょう。関連の企業の株価が上がっています。このお金は誰のお金でしょうか。大会が終わった後、都民の生活に活きるお金の使い方でしょうか。

 為末さんが言っていました。お祭りが終わった後に、何も残らなかったということではいけない。スポーツが国民の生活に根付いているというような遺産がほしいという趣旨でした。萩智は、障害者スポーツの施設等の環境が貧困すぎると言っていました。これは改善するでしょうか。国や自治体がそういうことにお金を使うようになるとは思われないのですが。住民の生活の充実のためよりも、企業の支援に回ってしまうのではないでしょうか。企業が潤わないと国民の生活もよくはならないというのが基本的な論理です。

 プレゼンの中継は首相と知事の支持率を押し上げたかもしれませんね。怖いですね。特に首相はずいぶん得をしたと思います。これが首相のやろうとしていることを全部支持する力になってしまったらどうしますか。憲法改正(改悪)が進んでしまいませんか?そこのところは国民も区別して考えられるのでしょうか。

 お祭り騒ぎに踊らされず、冷静に判断していきましょう。

« 業界格差 | トップページ | 石原 猪瀬 橋下 カジノ知事 »