« 石原 猪瀬 橋下 カジノ知事 | トップページ | 本屋の立ち読みから 張本勲、大滝秀治 »

2013年9月21日 (土)

許されざる者

 「許されざる者」を観てきました。ちょっと血なまぐさい映画でしたね。リメイクした元の作品は西部劇だからこんなんじゃないんだろう。刀は直接斬るし、突くからどうしても生々しくなる。欧米人が見たら嫌悪するかもしれない。

 テレビで、人はどこまで許されるかみたいなCMを流しているけど、そんなことを考えさせるストーリーでもなかった。(私の感じ方だが)アイヌや「女郎」を慮るセリフがあったが、これは監督の良心かな。アイヌはインディアンを置き換えたのでしょうか。

 ストーリーよりも渡辺謙と佐...藤浩市の演技が印象に残りました。佐藤は根っからの悪人をやらせるとピカイチですね。親父も「飢餓海峡」で悪人を好演しました。三国は晩年スーさんを演じましたが、佐藤のそういう役は想像ができません。渡辺謙は、悪人には見えない男が「平気で」人を斬ってしまう役柄をうまく演じていました。以前、正月の時代劇で壬生義士伝を主演した時のことを思い出しました。

 
 どこまで許されるかと言ったって、基本は人を殺しちゃいけないわけで、いろいろ事情はあるにせよ、その建前は崩しちゃいけません。

  ところで、李相日監督の作品は、フラガール⇒悪人⇒許されざる者と続いたのだが、この流れをどう見るか。だんだん過激な方向へ行っているような受け止めもできる。映画の材料を見つけるのも大変なのだろうが、焦りがあるのかもしれない。
 ここは日本なので、アメリカのようにセックスと暴力だらけの映画じゃよろしくない。混沌としているからこそ、ひずんだ部分のクローズアップばかりではなく、地下水脈のように静かに、そして確実に流れる人間の穏やかな部分も表現してほしい。

Top3

« 石原 猪瀬 橋下 カジノ知事 | トップページ | 本屋の立ち読みから 張本勲、大滝秀治 »