« 生きているということ | トップページ | 「歌姫」BEST女性ヴォーカリスト »

2013年7月 6日 (土)

さよなら渓谷

 ある書店で、目立つところに積んであったので目に入った。帯に、真木よう子の写真があった。吉田修一の作品である。

 吉田修一の作品で読んだのは「東京湾景」。もしも、今の若者たちがここにあるように感じ、生きているのなら、それも悪くはないじゃないかと思わされた作品だった。その後、後輩のMさんに読むようにと無理やり渡した記憶がある。

 吉田作品では、「悪人」も上下巻買ったのだが、読むその前に映画を観てしまったので、結局原作は読まずじまいである。映画はなんといっても深津絵里の印象が圧倒的に強い。中谷美紀と並んで現代を代表する女優である。そして、この二人に割って入るのが真木よう子であると思っている。

 さて、今「さよなら渓谷」の文庫本は手元にない。家内に読むように薦めた。「けっこう、すごいよ。」が推薦の弁である。

 あらすじは書かない。まだの人は本を読んでもらいたい。新潮社の回し者ではなく、読む値打ちはあると思うからである。

 俊介と「かなこ」の関係が問題である。この設定は考えられる関係だが、二人を一つの生活の場に共存させることはいかにも難しい。また、そこに至らしめるプロセスをどう描くのか。暴行の被害によって繰り返し傷つき虐げられたぼろぼろの「かなこ」と、加害の罪を背負い込み、そこから逃れられない俊介という組み合わせが、この小説の焦点であるが、元に戻ってどんな関係で成立するのかが、読者である素人には想像がつかないのである。

 片方で、記者渡辺と妻との関係が描かれる。渡辺はサブではあったが、ラグビーの日本代表に選ばれた優秀なプレーヤーであった。しかし、怪我で人生が狂う。妻は脚光を浴びる男に惚れたのであった。二人の関係は形だけの夫婦である。

 男と女の関係は様々あり得るだろう。俊介の場合も渡辺の場合も、きれいに語られる「幸福な」家庭とは縁遠いものであるが、以外にも渡辺のような例は実は多いのではないかと思えてくる。

 そうしたら、愛などというものは、突き詰めれば、どんな状況でもあるとは言いきれないものであるし、ないとも言いきれないものだと思える。この場合は、加害者と被害者だが、加害者同士にも愛はあり得るだろう。被害者同士にももちろんあるだろう。善なる愛もない代わりに、悪なる愛もないのではないか。要するに、いいとか悪いとかの問題ではない。その状況をいかに生きるかという個別の問題である。個別の問題から、自分あるいは自分たちのことを考え直してみるのである。

 現実の感情は、なんとも希薄である。

« 生きているということ | トップページ | 「歌姫」BEST女性ヴォーカリスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きているということ | トップページ | 「歌姫」BEST女性ヴォーカリスト »