« 松本城は素晴らしいお城だったが・・・ | トップページ | あれでも首相経験者ですからね »

2013年7月29日 (月)

美ヶ原を歩く

 7月21日は松本にいた。医師のM君にホテルまで車で迎えに来てもらって、さてどこへ行くかと相談した。美ヶ原か上高地かという選択になったが、美ヶ原を選択した。

 車を走らせること(私は助手席に座っていただけだが)約1時間。高原の入り口で車をとめ、王ヶ頭ホテル方面へ歩き出す。道は舗装されておらず、石ころも多い。私は運動靴を履いていなかったので少し歩きづらいが、平坦なのでそれほどの負担はなかった。とはいえ、歩いている人の大半はハイキング用の格好をしていたので私はちょっと他とは違う姿であった。

 M君が用意してくれたペットボトルの水を飲みながら歩き続ける。道の両脇にはホルスタインが放牧されていた。乳が垂れ下がっていなかったので、あれはオスなのだろう。メスは別の場所でせっせと乳を出しているに違いない。
 1時間以上かかって王ヶ頭ホテルに到着し、さらにそこからしばらく歩いて王ヶ鼻に至る。ここから北アルプス連峰が見えるのである。しかし、晴天とはいえ夏のことで山は見えるが霞んでいる。それでも同じぐらいの高さにいくつもの山が並んでいる様子が分かる。とびとびに高い山があるのではないのだ。あの連峰には少なからず登山を楽しんでいる人がいるはずである。

 石碑の前で記念の写真を撮り、王ヶ頭ホテルまで引き返す。そこでおでんを注文し、M君の奥さんが作ってくれたおにぎりとともに食す。おいしい。外は日差しがあり暑さも感じたが、食堂のなかは涼しい。すっかり疲れがとれた。ちなみに、トイレは有料であったが。(1回100円なり)

 帰りはひたすら歩くことに専念したからだろう、行きより短く感じられた。それから再びM君に運転してもらって松本市内まで引き返す。すると市内のなんと暑いことか。市内の標高は600メートルぐらいらしいから1400メートル下ってきたわけだ。それでも夕刻が近づくと気温が下がってくる。夜はエアコンが不要らしい。
 松本城を見学し、中途半端な時間だったが蕎麦屋に入り、もりそばを食す。M君はそばアレルギーだそうで、ウーロン茶だけで付き合ってくれた。

 このように松本での一日を過ごした。帰りの特急しなのでは気持ちの良い眠りにつくことができた。何時間も歩き回った割に疲れがなかったのは、徒歩通勤で足を使っているからだろう。次はいつになるか分からないが、上高地を訪れよう。

Utsukushi01

Utsukushi03

« 松本城は素晴らしいお城だったが・・・ | トップページ | あれでも首相経験者ですからね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本城は素晴らしいお城だったが・・・ | トップページ | あれでも首相経験者ですからね »