« 老後のことばかり考えて生きていては・・・ | トップページ | 頭を丸めたことへの反響 »

2013年6月 1日 (土)

他人の夫婦のことはどうでもいいことだが

 休日の私の行動はかなりパターン化している。行先はほとんどが梅田であり、心斎橋や難波は滅多なことでは行かない。

 小売店を中心に歩き回る。どういう商品が市場に出回っているのか、売れているのかを見ることも目的の一つであるが、見るだけでも楽しいという事があるし、特に気に入ったものがあれば買う楽しみもある。

 主には、阪急百貨店、阪急メンズ館、阪神百貨店、大丸の上の東急ハンズ、ヨドバシカメラ、ヨドバシカメラの上のユニクロ、ロフト、丸善&ジュンク堂書店、タワーレコードなどである。着るものはやはり名の通ったブランド物がよいが、高価なのでワンシーズンに何着も買うことはない。仕事柄スーツ等にも一定のお金はかけなければならない。下着や部屋着などはユニクロでも構わない。

 東急ハンズやロフトで雑貨品などを見て回るのは楽しい。スーパーなどには置いていないアイデア商品やキャラクターグッズがある。面白そうなので買ってみたはいいが、結局使わない物もある。ロフトはアベックの客が多い。そういう品揃えをしているからだろう。茶屋町という場所が若者の集まるところなのだろう。だから、居酒屋に入るとかなり騒々しい。丸善&ジュンク堂も茶屋町だが、店が広いのと本屋だから特に若者が目立つことはない。本の種類が多いことは非常に価値がある。地下の漫画本売り場も充実している。

 ところで、今日書こうと思ったのは、ユニクロで見かけた夫婦のことだ。カートに幼い子供を座らせ、選んだ結構たくさんの衣類を入れている。奥さんが主人に向かって文句を言っている。「早く計算してちょうだいよ。何ため息ついているの。私、ため息つかれるようなこと言った?いいから早く計算してちょうだいよ。」そう言って、その場から離れてしまった。主人はそれに反論もせず、携帯電話を使って衣類の値段を足し算しているのだ。

 こういう夫婦もいるのだ。さほど珍しくないのかもしれない。しかし、聞いていると何だか腹立たしい・・・いや、情けないといった方がいいか。何が彼女のご機嫌を悪くさせているのだろうか。想像できないことはないが、ここでそれを書き並べるのはやめておこう。勝手なお世話にしかならない。

 そういえば、その近くのスーツの店(高級な店ではない)で印象に残った子連れの夫婦があった。奥さんがカードやレシートで膨らんだ財布を持ってレジの前に立っている。スーツの代金の支払いである。表情が険しい。決して不美人ではない。後ろで待っている主人は生気のない顔をして立っている。余裕を感じさせないところは、先ほどの夫婦と同じだ。財布からお金が出ていくというのは、面白くないことなんだろうなあ。

 わが夫婦もそんなことになっていないか注意しなければならない。年齢のせいかもしれないが、もっと穏やかであると思ってはいるが。

« 老後のことばかり考えて生きていては・・・ | トップページ | 頭を丸めたことへの反響 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老後のことばかり考えて生きていては・・・ | トップページ | 頭を丸めたことへの反響 »