« 半分・灘高生だった私 10 | トップページ | 黄金の日 穏やかなりし くにの朝 »

2013年5月 5日 (日)

5本の毒矢?

 アベノミクスの「3本の矢」はマスコミが繰り返し報道した成果で、多くの人に知られるようになった。おさらいしておくと、三本の矢とは、①大胆な金融緩和、②機動的な財政出動、③民間投資を喚起する成長戦略である。

 これに対し、ある政治家から安倍内閣が放つ「5本の毒矢」という発言があった。折れた矢という言い方もあったが、毒矢という言い方はさらに辛辣である。その発言の意味するところは、すでに3本の矢は過去に失敗を経験済みの政策であり、加えて消費増税と社会保障制度の後退を加えれば、国民生活をさらに悪化させる毒入りの政策のオンパレードだということである。

 これについては様々意見があるだろう。確かに、失敗すればその毒が回ることが予想される。金利の上昇、財政危機の招来、格差の拡大・・・。どうなるか分からないが、5本の毒矢とはうまく言ったものである。

« 半分・灘高生だった私 10 | トップページ | 黄金の日 穏やかなりし くにの朝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半分・灘高生だった私 10 | トップページ | 黄金の日 穏やかなりし くにの朝 »