« 大阪府豊能郡能勢町宿野 | トップページ | 他人の夫婦のことはどうでもいいことだが »

2013年5月26日 (日)

老後のことばかり考えて生きていては・・・

 自分はまだまだ若いと思っている。様々な分野に興味があるし、筋トレも続けていて還暦までは若い体型を維持しようと思っているし、異性にもまだまだ関心がある。

 それでも少しは老後のことを考えるようになった。65歳まで働けるとしても、その後はいくばくかの蓄えと目減りしているであろう年金収入に頼らざるを得ない。財産は無いに等しいから、家賃収入はないし株の配当もない。とはいえ、長くサラリーマンをしてきたので、相対的にはまだましな方であろう。

 子どもが一人二人と手が離れていくに従い(まだ終わってはいないのだが)、最近湧きだしたのは、「今・現在」を楽しみたいという欲求である。なぜか。一つは、周囲に病気で倒れたり、亡くなったりする人が目立ってきたからである。そのことで、自分自身の寿命も非常に不確かなものに感じ始めたのである。老後のことばかり考えて、いつまでにいくら貯めなければならないというような心配を抱いていたら、毎日が鬱陶しいものになってしまう。私は元来そういう点では楽観的なので、あまり心配はしていなかったけれども、生活を楽しむという感覚は薄い方だった。

 もう一つは、最近交際範囲が広がって、仕事以外に趣味を持って楽しんでいる人たちを多く目にするようになったからである。私も好奇心は旺盛なのでやってみたいことはある。そして実際にやっている人を見ることで大いに触発を受けたのである。

 平均余命というものがあるが、それはあくまで平均であり、確率の大小は別にしても、明日にも命を落とす可能性はある。そうすると、今にうちに少しでも楽しんでおかなければもったいないと思うようになった。もちろん、後先考えずに無謀な享楽に走っては品格を疑われるし、立場上仕事にもエネルギーを注がなければならないが、それでもほぼ土日は休みなのだから、時間はたっぷりある。あまりにお金のかかる趣味では困るが、そうでないものもたくさんある。選択の基準としてあるのは、「人とのつながり」である。一人で孤独に走っているとか、盆栽に凝るとか、本ばかり読んでいるとか、それはそれで悪くはないが、楽しみの幅が狭くなってしまう。

 最近、そんなふうに考えるようになった。

« 大阪府豊能郡能勢町宿野 | トップページ | 他人の夫婦のことはどうでもいいことだが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪府豊能郡能勢町宿野 | トップページ | 他人の夫婦のことはどうでもいいことだが »