« 黄金の日 穏やかなりし くにの朝 | トップページ | 使い道がなかった電子辞書 »

2013年5月 6日 (月)

エイジシュートが目的ではない 尾崎将司

 ジャンボ尾崎がエイジシュートを達成した。パー71のコースを62で回った。快挙である。

 インタビューを聞いていて、もっともだと思ったのは、私はエイジシュートをやるためにツアーに参加しているのではない。目指すは優勝しかないという発言だ。そうであろう。エイジシュートというものはついでのものである。1ラウンド良かっただけでは評価もされないし、お金も稼げない。4日間で結果を出すことがプロとしてのミッションなのである。

 とはいえ、その日のプレーは往年の強さを思い出させるものであった。その後は腰痛や疲れが出て後退していったが、神がかり的なプレーは強い人にこそ出るプレーであることは間違いない。クラブを杖にして歩いたり、椅子に座って休んだりと、痛々しい姿であるが、プレーが遅れなければ迷惑はかけないわけで、そこは他人に迷惑をかけないで済む個人プレーの良さであろう。

 *石川遼に予想を超えるスーパープレーが出なくなったのはなぜだろうか。  

« 黄金の日 穏やかなりし くにの朝 | トップページ | 使い道がなかった電子辞書 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄金の日 穏やかなりし くにの朝 | トップページ | 使い道がなかった電子辞書 »