« 人を大事にする | トップページ | 事業の拡大とは実はこういうことなのだ »

2013年3月20日 (水)

ダブルスチール 走れたら走れ

 結果論である。成功していれば、監督と走者、走者と走者の呼吸がぴったり合っていたと称賛される。しかし、失敗すると采配のミスとして取り上げられる。

 高校野球ではなくプロなのだから、選手に判断をゆだねることはもちろんある。だが、走者が二人出ている状況ではどうだったのか。ここでは、行くか行かないかを明確にしておくべきだ。投手の動きを見ながらスタートのタイミングを計りつつ、一方の走者の動きも見定めなければならない。これは厳しい状況では無理な判断である。

 スチールするかどうかは監督の判断である。連打は難しいと判断したのなら、リスクを冒すことも選択の一つである。たとえ失敗しても責められるべきではない。しかし、指示を明確にしなかったのは監督のミスである。責任を選手に押し付けることになる。

 このプレーをどうのこうの言うわけではない。あいまいな指示は出してはいけないという教訓を引き出すだけだ。ビジネスの世界でもよくある話なのだ。違った解釈が可能な指示はしないこと。やるならやる、やらないならやらないである。責任は指示した者がとるべきなのだ。

« 人を大事にする | トップページ | 事業の拡大とは実はこういうことなのだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人を大事にする | トップページ | 事業の拡大とは実はこういうことなのだ »