« 愛情がある体罰はよい? 愛情のあるなしは誰が判断するの? | トップページ | 正月に手に取る本 加藤周一 「日本人とは何か」 »

2013年1月13日 (日)

須藤孝三、杉田茂 ジョイントポージング

 古くからのボディビルファンならお馴染みの須藤孝三氏と杉田茂氏。この偉大なビルダーがそろって第27回ミスター日本選手権にゲスト出演し、それぞれ単独のポージングを披露したあと、二人揃ってのポージングを見せている。
 
 この映像は、1981年に収録されたもので、昨年の10月にアップされていて、アクセス数は4千回あまりとなっている。非常に貴重なビデオだが、いつ削除されるか分からない。海外の動画は滅多に消去されないが、日本の場合は内容に拠るわけだが、著作権者の訴えによってかなりの頻度で消去が行われている。

 さて、ミスターユニバースのタイトルホルダーで、受賞からまだそれほどの年月が経過していない。須藤氏は30歳、杉田氏は34歳のころだと思う。それぞれ対照的な持ち味が出ていて、面白い。須藤氏は、プロポーションの美しさ、足、肩、背中のカットの深さがあって、まさに彫刻のような体である。杉田氏は、傑出した筋肉の量があり、力強さにみなぎっている。特にこの映像では背中が凄い。ポージングでもそこを強調している。このバルキーな体は、末光健一氏と双璧だろう。

 とにかく映像を見ていただきたい。タイトルは「Shigeru Sugita & Kozo Sudo guest posing 1981」となっているので、検索すれば出るはずである。

Sudosugita

« 愛情がある体罰はよい? 愛情のあるなしは誰が判断するの? | トップページ | 正月に手に取る本 加藤周一 「日本人とは何か」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛情がある体罰はよい? 愛情のあるなしは誰が判断するの? | トップページ | 正月に手に取る本 加藤周一 「日本人とは何か」 »