« スポーツにおける公平性について 高校駅伝を観ながら | トップページ | 給与所得者の実態 国税庁の調査より »

2012年12月28日 (金)

本田宗一郎氏の講演より 2

 「人に聞く(尋ねる)ということは、相手を尊重すること」である。

 講演のなかの言葉である。たとえば、経営者も会社の現状がすべて分かっているわけではない。また、すべてを数字でつかむのは至難の業である。本田氏も技術的なことには詳しいが、経営については不得手な部分が多く、相棒の藤沢氏に任せていた。

 知らないこと、分からないことは聞けばよい。人に頼ることは、頼る相手を尊重することである。存在価値を認めることである。何でも分かり、何でも自分で判断し、やってしまう人間には人を敬う心が育たない。弱みを認識し、そこは人に助けてもらうのが謙虚な態度であるし、そうするしかないのである。

 本田氏は「得手に帆上げて」ということをモットーにしていた。これは企業にも言えるし、個人にも言えることだ。すべてに成功することは、能力を超えた願望である。足りない部分は助け合う。個人間でも、組織の間でも、国と国との間でもそうだ。その原則に従えば、仲違いや紛争を回避することができる。

« スポーツにおける公平性について 高校駅伝を観ながら | トップページ | 給与所得者の実態 国税庁の調査より »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツにおける公平性について 高校駅伝を観ながら | トップページ | 給与所得者の実態 国税庁の調査より »