« あまりに安易すぎないか あるテレビ番組を見て | トップページ | 新党にできることはあるか »

2012年10月28日 (日)

今年の中日ドラゴンズ

 ドラゴンズファンの一人として今期の結果と戦い方について、勝手に書いてみたい。

 勝率は、数字から見ればまずまずだ。去年よりもよい。後半に巨人が走り過ぎたので順位は仕方ないだろう。防御率は去年より悪くなっている。しかし、吉見の怪我、浅尾の不調などにより戦力ダウンしたところを若手も加えて踏ん張った。
 打撃は、打率が向上しているものの本塁打が減少し、得点数はあまり変わっていない。相変わらず打てないという印象が強い。和田はまずまずだったが、森野の数字は悪すぎる。

 成績はこんなところだが、戦い方については、落合体制の遺産で戦ったと言えるだろう。もちろん、負の遺産も含めての話だが。野手のレギュラーは、大島が頭角を現した以外は特に変化がない。地元出身の山崎を入れたが、常時使える選手ではなかった。投手の使い方もあまり変化がないが、去年の顔は、登板過多で戦列を離れがちであった。選手の年齢が高くなり、疲労もたまった状態でシーズンを迎えたのである。

 そういう意味では高木監督には難しさもあった。ファンとしてはもっと新奇さを期待したいところだが、台所の事情はそういうことを試せるほど余裕のあるものではなかったということだろう。実績のあるベテランが多いと、それを外すのは難しい。しかし、そろそろ決断しないと氷河期を招いてしまう。いつまで谷繁がマスクをかぶるの?いつまで和田が主軸なの?いつまでアライバなの?

 CSの戦い方。巨人戦は、相手の打撃陣が調子を落としていたこともあって予想外の3連勝だったが、力を出す前に4つ目を取りたかった。それがだめなら、5戦目で決めてしまいたかった。最後までもつれると苦しいのは分かっていた。5戦目の終盤は、岩瀬よりも浅尾ではなかったか。もはや、岩瀬だから大丈夫といえるほどの力はない。リスクは大きいのである。

 最終戦の先発は山井がよかった。プレッシャーのかかる試合で経験の薄い投手は難しい。山井に4~5回全力でいってもらって、あとは小刻みに刻めばよかったのだ。もうあとがないのだからつぎ込むべきだった。3点与えたことで後手に回った。素人判断だろうが、あれは失敗である。

 皆さんも同じように思っているのではないだろうか。

« あまりに安易すぎないか あるテレビ番組を見て | トップページ | 新党にできることはあるか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あまりに安易すぎないか あるテレビ番組を見て | トップページ | 新党にできることはあるか »