« 続報関西学生野球 関西学院対京大2回戦 | トップページ | みかんの季節 »

2012年10月13日 (土)

大津周辺を歩く 10月8日

 JR大津駅はたびたび通過する駅だが、実は下りたのは今回が初めて。ネットで調べていて、懐石料理と温泉入浴をセットで売っていた。それが琵琶湖ホテルだった。新快速に乗れば40分足らずで着いてしまう。

 食事の前に、三井寺まで行ってみる。ここは先日皇子山球場に出かけた時に道の途中に三井寺との表示があり、ここあったのかと気づいたのである。京阪電車で一駅で三井寺最寄りの駅である。そこから歩いて程なく入口に到着した。

 順路としては、大門から入ってから回るのが普通のようだが、事前に調べずに行くものだから別の入り口から入った。そうすると、観音堂→微妙寺→金堂→三重塔という順になる。境内が広く、次の予定があるのですべては回れない。金堂は国宝だし、重文の仏像もある。名に違わぬ立派なお寺であるが、それだけで終えて、琵琶湖ホテルに向かった。

 ホテルで予定通り食事とお風呂をいただいて、さてこのまま帰るのはもったいないと思い、大津港から出ているミシガンと言う名の遊覧船に乗った。60分の短いコースだが、これが結構いい値段なのだ。とはいえ、ここまで来てケチっても仕方ないので乗ることにした。ただし、一つだけ文句を言うと、大津プリンスホテルから乗船したお客さんを途中で下すのである。それに時間を取られるので、正味60分ではない。10分は損をしている。大津プリンスに宿泊したお客さんへのサービスだろうが、その付き合いをさせられてはたまらない。

 こんな一日だった。

三井寺観音堂

Photo

琵琶湖ホテル

Photo_5

遊覧船ミシガン

Photo_7

« 続報関西学生野球 関西学院対京大2回戦 | トップページ | みかんの季節 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続報関西学生野球 関西学院対京大2回戦 | トップページ | みかんの季節 »