« じゅういちぶんのいち 第3,4巻 中村たかとし | トップページ | 銀行の窓口が高齢化 »

2012年9月 9日 (日)

久しぶりに家族で居酒屋へ行ったが、いまいちだった

 昨日、近所の居酒屋へ行った。かつては子どもが気にいっていて(もちろん酒ではなく食べ物目当てである)時々入った店である。

 数年前の印象と比較し、ずいぶん質が落ちたと感じた。ここは、Kワイドが経営するA太郎という店だ。インターネットで、S木屋やW民と並んで貧乏人が行くジャンク系居酒屋と評されていたことがあったが、そのなかではA太郎はましな方だと思っていた。

 食べ物のメニューが変わっていた。それは当たり前の話で同じものでは飽きられる。頼んで目の前に置かれると、おやっと思ってしまった。メニューとは全然ボリュームが違うのだ。多少の違いは許そう。どこでもそういう傾向があるからだ。しかし、目の前の石焼き牛タンは違いすぎる。メニューでは、石がほとんど見えないぐらいに牛タンが大きい。ところが現物は、中央に遠慮がちに縮こまっているのである。もう一つの典型は焼き鳥。メニューでは串いっぱいい鶏肉が並んでいるが、現物は串の半分ほどを埋めているだけである。

 看板に偽りあり。よほど現物とメニューの写真とを並べて携帯のカメラに収めて帰ろうかと思ったが、それで何かが改善される期待が持てないのでやめた。

 居酒屋の経営は苦しい。コストダウンは避けられない。牛タンなどは減価が高いと聞く。小さくしたり、少なくしたりは安易な方法だが、場合によっては仕方あるまい。しかし、そうするなら、看板も変えてほしい。

 KワイドはG角を買収した。苦境をこれまでの延長である規模の拡大で乗り切ろうとしている。この選択は吉と出るだろうか。ある人によると、G角はすでに死に体である。売ったRクスの方が数段したたかである様に思えてならない。

« じゅういちぶんのいち 第3,4巻 中村たかとし | トップページ | 銀行の窓口が高齢化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« じゅういちぶんのいち 第3,4巻 中村たかとし | トップページ | 銀行の窓口が高齢化 »