« ホセ・ムヒカ大統領のスピーチ(打村明さんの翻訳) | トップページ | モチベーションの高め方 »

2012年8月10日 (金)

ロンドンオリンピックに思う 

 オリンピック競技の生中継は大半が深夜に行われている。観たい競技はあるが、寝不足になってまで観ようとは思わない。先日、お得意先の年長であるDさんと話をしていたら、夢中になって朝5時までテレビを観てしまったとのこと。元気である。

 朝、結果を確かめる。期待通りのこともあれば、残念な結果の時もある。総合的に見ると、期待を上回る活躍をしているので、残念に思うことは少ない。

 金メダルは個人競技で得たものだが、予想より数が少ない。一方の団体競技では活躍が目立つ大会だ。これはサッカーから始まる連鎖反応だろうか。女子サッカーは残念ながら銀だったが、実力を発揮し、ワールドカップでの優勝が単なる勢いではなかったことを証明した。フェンシングの銀メダルは、世界ランキングを大きく上回る成績で本番での集中力を見せつけた。女子アーチェリーの銅メダルはチームワークを感じさせたいいメダルだった。競泳のメドレーリレーでは男女そろってメダルを獲得し、個々の力をうまくまとめたと言えるだろう。女子の卓球とバドミントンの銀メダルは力以上の結果を出したと言える。他、女子のバレーボールもベスト4に勝ち残り、戦前の予想を超える結果を残した。

 総じてチームでの競技は臆せず果敢に勝負したことで波に乗った。個人プレーよりもチームで戦うことに日本人としての特長が発揮されるように思った。

« ホセ・ムヒカ大統領のスピーチ(打村明さんの翻訳) | トップページ | モチベーションの高め方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホセ・ムヒカ大統領のスピーチ(打村明さんの翻訳) | トップページ | モチベーションの高め方 »