« 土佐桂浜 一度は観たい「闘犬」 | トップページ | 「夏の一番の思い出は?」 »

2012年8月26日 (日)

安い食品には注意した方がよい

  焼肉食べ放題、しゃぶしゃぶ食べ放題、回転寿司なんでも1皿100円、某スーパーのPBビールが88円などなど、安さを売り物にした商売が広がっている。

 私は年齢のせいか、食べ放題には魅力を感じないが、家族での外食は安上がりなので回転ずしは時々利用している。しかし、これらの店で使われる食材については、恐ろしくなるような情報を耳にすることがある。安く提供できるのには、それなりに訳があるのである。

 アメリカでの牛肉の生産(肉牛の飼育と言うべきか)について聞いたことがある、何百頭、何千頭という牛がゲージに繋がれ、とうもろこしを餌に飼育される。急速に成長するが、もともと牧草を食んで生きる動物だから胃をやられるらしい。それを防ぐために抗生物質が投与される。また、ハマチの養殖に抗生物質が使われていることはけっこう知られている。回転ずしのネタには名前も知らぬ深海魚が使われているとも聞く。こういうことをやっているからこの安さで提供できるのである。

 こういうものを食べていて人体に影響はないものなのか。あると考えてよいのだろう。しかし、いろいろな悪しき情報を持っていても、それに対応する手段がないから諦めてこれまで通りに食べている人も多いのではないか。

 こういう生産の方式をやめてしまったら、これだけの栄養価(安全かどうかは別にして)を先進国の国民に供給することはできない。もしこれを断ち切ろうとすると、例えば日本人なら、米をたくさん作ってご飯を食べなくてはならない。タンパク質は大豆などの植物性のものをとることになる。肉や魚はぜいたく品として、特別な日に限って食するのだ。なかなか、そこには戻れまい。今や発展する中国の国民が飽食を欲している。この動きを止めることはできない。

 行き着くところまで行くしかないのか。腹いっぱい食べることをやめ、安全な食品を選んで食べることにより、見せかけでない「健康」を得ることができるかもしれない。また、そのような生活スタイルは、持続可能な社会の実現につながるに違いない。

« 土佐桂浜 一度は観たい「闘犬」 | トップページ | 「夏の一番の思い出は?」 »

コメント

最終的に「健康」は目的にはなり得ないような気がしており、つまところ何によって幸福を感じるかということかなと思う昨今です。このあたりに画一r的な価値観を持ち込むと塩梅が悪くなるような気がします。生きにくい世の中になりました (-。-)y-゜゜゜

健康は目的には成り得ないでしょうね。つまるところ幸せってなんでしょうかということになろうかと。そこに画一的な価値観が入ってくると、どうも塩梅が悪くなるような気がします。
まあ、これも自分を正当化しているにすぎませんが (-。-)y-゜゜゜

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土佐桂浜 一度は観たい「闘犬」 | トップページ | 「夏の一番の思い出は?」 »