« R南高校 保護者会 | トップページ | あばたもえくぼ »

2012年7月29日 (日)

大阪大会決勝戦 大阪桐蔭対履正社

 舞洲ベースボールスタジアムで高校野球選手権大会の決勝が行われた。前評判の高かった大阪桐蔭と履正社の組み合わせとなり、球場は満席に近い入りだった。

 舞洲は車を持たない者にとっては交通の便が悪い。環状線弁天町駅で乗り換え、桜島駅で下車。市営バスで球場前まで行く。すぐには乗れないので、何台か待たなければならない。帰りも同じである。

 試合開始10分前ぐらいに入場。グラウンドに散水しているところだった。試合開始は予定より数分遅れた。スタンドはとにかく暑い。凍らした水を持っていったのは正解だった。熱中症に気を付けるよう注意のアナウンスが流れる。

 ビッグスリーと言われる好投手の一人藤波君の立ち上がりがよくない。制球が乱れている。ノーヒットで1点を先取されたが、最小失点で切り抜ける。桐蔭は持ち前の強打で大量点をとり返す。6回までに10対1と9点もリードしたのだった。藤波の力を考えると、これでほぼ決まりだと考えた。

 しかし、あにはからんや、履正社は8回の表に猛攻撃をかける。藤波の投球が単調になったところにたたみかけ、連打で走者をためながら加点していった。一挙に7点。素晴らしい集中打であった。惜しむらくは、序盤の失点が多すぎた。これは結果論であって、どうなっていたかは分からないのだが。それにしても、藤波が万全ではなかったのは間違いない。速球も素晴らしいものがあるが、彼の持ち味は変化球だから、まっすぐの一本調子になると、地力のあるチームだと合わせてくる。

 履正社の反撃があって、最後まで観る気になった。藤波は制球等にやや難があったが、力からすれば勝って当たりまえである。それが崩れたのだから、まだメンタルな面で弱点があるに違いない。春夏連覇は容易でなさそうだ。もっとも、大阪桐蔭は藤波抜きでも十分に戦える力を有している。贅沢と言えば、贅沢だ。

01_2

Toinrisei01

Toinrisei02

Toinrisei03

01

« R南高校 保護者会 | トップページ | あばたもえくぼ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« R南高校 保護者会 | トップページ | あばたもえくぼ »