« 分かっている人の文章はよく分かる | トップページ | 高校野球の観戦にて思う零細企業と大企業との差 »

2012年7月16日 (月)

北野対刀根山 大阪大会2回戦

 今日は暑かった。この大会、私は観戦初戦である。万博記念公園野球場まで足を運ぶ。到着すると第2試合の履正社対開明が途中。スコアボードを見て驚く。1回の裏に履正社が14点とっている。履正社の投手はストライクが入らず苦しい。野手は足の運びが悪くて、打球を追ううちに足をもつれさせ転倒してしまうこともあった。履正社は注目すべきチームだが、この相手では力が測りがたい。

 この試合は5回コールドで終わり、続いて公立としては比較的チーム力が上位にある北野と刀根山だ。刀根山の試合は過去に何度か見たことがあるが、毎年よく鍛えられている。私立の上位校と比べると劣ってしまうが、恥ずかしくない試合をする力はある。

 守備練習を見ると刀根山の方が上手い。一枚上である。特に二遊間の守備に差があると思われた。北野は野手の動きにバランスが欠けている。結果はどう動くか分からないが、見る限り刀根山に分がありそうだ。

 初回、刀根山のエースが落ち着く前に北野が1点を先制。上手く攻めれば加点できただけに、この1点が後まで尾を引きそうだ。刀根山が2点を入れて逆転。しかし、このままかと思いきや、代打の小山君がレフトフェンス際にまさかのホームラン。風がよかったのと、両翼が狭いこの球場ならではのホームランである。劣勢のなかにもまだ流れ残っている。だが、刀根山は着実に追加点を上げる。万事休すかと思われたが、北野はもう一人の代打杉原君がこれも意外なホームラン。

 二人の代打ホームランは珍しいが、どちらもソロだったのが惜しまれる。結果論かもしれないが初回に2点目3点目があったら分からなかった。最終的には力の差が出たと言えるだろう。しかし、好試合であった。

Kitanotoneyama

« 分かっている人の文章はよく分かる | トップページ | 高校野球の観戦にて思う零細企業と大企業との差 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 分かっている人の文章はよく分かる | トップページ | 高校野球の観戦にて思う零細企業と大企業との差 »