« 松本清張について | トップページ | 交響曲第9番 第2楽章 »

2012年7月 7日 (土)

さよなら隆洋君

 友人の隆洋君が今日亡くなったとの訃報が届いた。まだ50代半ばであり、突然のことで驚いている。

 彼は小学校の時の同級生で、知らせてくれたのも同級生のM君である。3人で時々、難波周辺の居酒屋に集まり飲んでいた。そういえば、2回に1度はK君も寄っていたな。

 彼は阪大工学部卒の秀才で大手企業に勤めていた。しかし、その会社は公共事業の仕事が減ったために業績が芳しくなく、特に彼の属していた部門はよくなかった。そういう面での苦労もあったのだろう。

 彼の実家はみかん農家で、田舎でも規模の大きな農園を経営していた。集まるとどうしても故郷のことが話題になり、帰って農業するかというようなあまり実現性のない希望を言い合っていた。田舎が恋しいという気持ちはあったのだ。

 彼の息子は京大に入り、M君の娘が神戸大、私の息子が京大ということで、あの田舎の出身者でこういう重なりは非常にレアなことであった。

 日曜日に葬儀が行われるので、帰ろうと思う。そういえば、彼は卓球が上手かった。サウスポーだった。キャッチボールをすると、すごく伸びのある球を投げた。命ももっともっと先まで伸び続けてほしかったな。

 さよなら隆洋君。

« 松本清張について | トップページ | 交響曲第9番 第2楽章 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本清張について | トップページ | 交響曲第9番 第2楽章 »