« やらないのではなく、できない | トップページ | 順位を上げる喜び ~競争とは何か~ »

2012年6月10日 (日)

陸上競技日本選手権第2日

 陸上競技は大好きで、競技会も何度か観戦しているが日本選手権は初めてである。長居の開催がまれであるので、観る機会がなかったのである。

 一番の目当てはやり投げである。村上とディーン元気との戦いになるのは間違いない。記録でこの二人に追随できる者はいない。最初に大きな投擲をしたのは村上の方であった。自己記録と大会新記録を同時に達成。勢いからすればさらに記録を伸ばしそうだった。しかし、そこに立ちはだかったのがディーンである。村上をわずかに上回り84mを超えた。そして逆転での勝利。選手権者となったのだった。

 他の競技の感想

 *男子1万メートル 箱根で走った選手が紹介されると一段と拍手が大きくなる。テレビの影響はすごいものだ。その一人である柏原が引っ張るが、途中でバテて後退。次にこれも箱根で名をはせた村沢が先頭へ。しかし、これも続かず、最後は佐藤悠基が先頭に立って優勝した。頑張ったのは早稲田の大迫である。伸びやかな走りで最後までスピードが衰えなかった。現在学生では村沢を抑えてナンバーワンだろう。

 *男子400メートル 金丸がきわどい勝利。後半に追い上げられた。勝ち続けるのは大変なことだ。

 *女子100メートル 福島が辛うじて逆転して優勝。埼玉栄高校の土井杏南が力強い走りで先頭に立ったが、後半で福島が意地の逆転。タイムもよくない。もう伸びが止まったのか。はたまたアクシデントか。

 *男子100メートル 江里口が、これも辛勝で4連覇。走りを見ると圧倒的な力を感じない。それでも勝つのだから試合巧者である。

 *男子400メートルハードル 法政大学の岸本の強さに感心する。しなやかで伸びのある走りだ。かなり世界に近づいたのではないか。メダルは無理でも決勝には残る力がある。

Genki

« やらないのではなく、できない | トップページ | 順位を上げる喜び ~競争とは何か~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やらないのではなく、できない | トップページ | 順位を上げる喜び ~競争とは何か~ »