« 潔く退く(引き際の美学) | トップページ | 「三方一両損」と「三方よし」 »

2012年6月19日 (火)

再掲載 須藤孝三さんの「最高に美しい肉体」

 1975年のミスターユニバースで優勝した須藤孝三選手。当時のボディビルディング誌が掲載した写真をデジカメで撮って添付することにした。(個人のブログなのでお許しを

 これほど美しい肉体は他に見たことがない。この後、さらに筋肉の量は増しただろうが、あまり増えすぎるとバランスを崩し、美を損なう。また年齢とともに肌の美しさも損なわれるので、この時期に最高の仕上がりを見せたのだと思う。

 昨今はボディビルダーも高年齢化し、40代で日本チャンピオンになる選手がいる。それに比べると昔のビルダーは若い時期から活躍していた。

 その中でも須藤選手は別格である。今後もこのような選手は出ないだろう。

Sudo01_2

« 潔く退く(引き際の美学) | トップページ | 「三方一両損」と「三方よし」 »