« ネット上での邂逅(同級生を発見) | トップページ | 哲学離れ 著名な本なのに売っていない »

2012年5月27日 (日)

コンビニ強盗

 強盗など、まともに物事が考えられたなら思いつきもしない行為である。まともに考えられないからとんでもないことをしでかしてしまう。

 いま頻繁に発生しているのはコンビニ強盗や外食チェーン店をねらった強盗である。(コントのネタにしばしば使われるぐらいだから、随分ポピュラーな犯罪になった。)深夜営業であり、店員が少ない。その場で取り押さえられるリスクは小さい。ただし、奪える金額は少なく(最大でも30万円程度であろう。)監視カメラに確実に画像が残る。そういうことは十二分に予想ができるはずなのに計算には入っていない。

 名古屋であったコンビニ強盗では、犯人が数字の「5」をプリントしたTシャツを着ていた。足のつきやすい服装である。特徴のない服であれば特定されにくいだろうが、そんなことが頭に浮かぶ人物であればこんな行動に及ぶことはないのである。

 動機は、遊ぶ金欲しさか、生活に困ってか。人間、暑さ寒さをしのげて、食うものさえあればなんとか生きているのだから、その部分さえ保障すれば犯罪は減るのではないか。使途を限定したチケットのようなものを配布すればよい。もちろん自ら働いて糧を得るのが基本であるが、雇用の創出がなかなか進まぬ昨今である。

 犯罪に一定の処罰が必要であることは疑いえない。しかし厳罰化ですべてが解決するわけではない。相互扶助の仕組みと精神があれば、随分抑制されるに違いない。加えて、ある行動をとった時に、それが社会の反応としてどういった事態を招くか、合理的に判断できる程度の思考力は身につけさせるべきであろう。

 社会は犯罪者に冷酷である。起こしたことへの仕打ちがあるという意味では仕方のないことではある。しかし、その犯罪の程度によってそれにも違いがあっていいのではないか。味噌も糞もという上品でない言葉があるが、人間感情は、そのようになりがちである。注意しなければならない。

 

« ネット上での邂逅(同級生を発見) | トップページ | 哲学離れ 著名な本なのに売っていない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネット上での邂逅(同級生を発見) | トップページ | 哲学離れ 著名な本なのに売っていない »