« フェイスブック入門 | トップページ | 冬来たりなば春遠からじ »

2012年3月 4日 (日)

面白かったびわ湖毎日マラソン

 男子マラソンのロンドン五輪最終選考レースとなったびわ湖毎日マラソンをNHKテレビで観戦した。注目は旭化成の堀端選手で、日本選手で最高位に入る確率は高く、その記録が問題であった。

 前半はペースメーカーに引っ張られ順調に進んだ。先導が外れた25kmからは愛知製鋼のサムエル・ドゥングが引っ張る。堀端も付いていくが、ドゥングの走りに勢いがあり、1位はないであろうことは予想できた。しかし、東京の川内選手と同じように給水に失敗したとはいえ、後ろから追い上げられることはないだろうと思った。

 ところが堀端の走りがおかしくなりだす。そして後続の日本選手が迫ってくる。まず、安川電機の中本選手が抜き去った。勢いが違う。ああ、これで中本で決まりと私も思ったが、安心したのか彼のペースも落ち着いてしまう。すると、続いて堀端選手を追い抜いてきた佐川急便の山本亮選手が必死に追いすがる。もがくような走りだが、力強い。解説の金哲彦さんも、これは大どんでん返しがあるかもしれないと興奮しながら話している。そしてトラック勝負になると言う。

 結果は、金さんの言うとおり、トラックに入ってから山本選手が中本選手を抜き去り、2時間8分44秒で日本人トップの4位に入って、五輪出場へ名乗りを上げた。

 優勝は愛知製鋼のサムエル・ドゥングで、タイムは2時間7分4秒という堂々としたものであった。堀端選手はさらに後続の選手に抜かれ11位でゴール。精根尽き果て、ゴールした後にその場に倒れ込んだ。痛々しい姿であった。

 マラソンで順位がめまぐるしく入れ替わることは少なく、今大会は大変スリリングで面白かった。関係者にとっては落ち着かないレースであったと思うが。

 *最後に代表選考について

 判断する場合、①外国籍選手を除いた日本人選手のなかでの順位 ②記録 が主たる要素になる。そこに、レースが行われた日のコンディション(風の影響、気温の高低、雨のあるなしなど)を加味して選考するようだ。
 私は、できるなら一つのレースに有力選手が勢ぞろいして、同一の条件で競わせるのが公平だと思う。それがベストである。しかし、スポンサーやテレビ局の都合でそうもいかない。であるなら、単純に順位とタイムだけで判断した方がよい。その日の条件は加味しないのだ。まずは日本人で1番になることだ。1番にアドバンテージを与えよう。1番のなかで記録の良いものから順に選ぶ。これが公平である。
 どのレースを走ったらもっともオリンピックに近いか判断することは戦略上の問題である。気象条件まで予測は難しいが、そういうことも含めて走る側の責任にすべきではないだろうか。あまりいろいろ考えると、様々な尺度が入り込んで、不信を呼ぶだけなのだ。

« フェイスブック入門 | トップページ | 冬来たりなば春遠からじ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フェイスブック入門 | トップページ | 冬来たりなば春遠からじ »