« 梅田駅の火事より | トップページ | 会社説明会デビュー »

2012年2月26日 (日)

S大学教授N氏と会う

 金曜日の夜、S大学で教授をやっている後輩のN氏に会った。学会の集まりで来たのかと思ったが、今回は試験の監督だと言う。S大学は地方の国立大学だが、大阪にも入試会場を設けている。試験は1時間半で、1教科の選択制らしい。

 居酒屋で飲みながら、大学での生活について話を聞いた。というより、愚痴を聞いたという方がより正しい。教授、学生、学生の親への対応についての愚痴である。

 変な(病気の)教授がたくさんいるらしい。自分の研究室から出るとき鍵がかかっているか心配で何度も押したり引いたりして確かめる人がいる。それも複数いるらしい。ひとしきりガチャガチャやって去り、やっと静かになったかと思ったら、また戻ってきてやりだす。もう一人は、20分ぐらいガチャガチャやり続ける。

 学生は教師の言うことを聞かないそうだ。サークルの先輩とバイト先の上司の言うことは聞く。それは聞かないとたちまち困ることが起こるからだろう。教師の言うことを聞かなくても差しあたって不利益はない。
 また、文章の書けない学生が多い。レポートを書かせると、「~と思う、~と思う」の連続らしい。そう思う、そう考えることの根拠を書きなさいと言っても理解してもらえないらしい。文章を書けないということは、作文力の問題ではなく、思考力の問題である。

 モンスターペアレントとは小中学校の問題かと思っていたが、大学にもいるらしい。毎日電話をかけてきて息子への指導について苦情を言う親がいる。電話を受けるのは大学の職員だ。あまりに電話が長いので、肩とあごで受話器を挟み、仕事をしながら聞いていた。そして、無理な姿勢がたたり首筋を痛めて通院しているとのこと。労災にもできない。

 以上の話を聞かされた。最近では教授にも勤務評定があり、5段階で点数が付くらしい。評価の基準や方法は分からないが、あまりに常識的で面白くない教授を育ててしまう制度であれば問題があろうかと思う。教授は教員でもあるが研究者でもある。後者の要素が霞んでしまっては困る。

« 梅田駅の火事より | トップページ | 会社説明会デビュー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅田駅の火事より | トップページ | 会社説明会デビュー »