« お守りに反映する世相 | トップページ | 連帯を阻むもの »

2012年1月 9日 (月)

徒党を組む場合の一致点

 十名ほどだったでしょうか、民主党から国会議員が離党しました。詳しい事情は報道の詳細を見ていないので分かりませんが、消費税率の引き上げがマニュフェストに反するということを理由にしているようです。それも一つの見方であり、離党する権利もあるので行動そのものを批判しようとは毛頭思いません。

 さて全員かどうかは知りませんが、離党した人たちで「新党きづな」を立ち上げました。政党を結成するからには、政治理念や運動方針、規約などが必要だと思います。ネットで検索すると、綱領は「自主自立」であるとの記事がありました。これはスローガンのレベルであって、綱領ではありませんね。そんなに慌てず、じっくり考えればよいと思います。それとも、早く発表しないとマスコミに忘れられてしまうからでしょうか。あるいは、ただ飛び出すことが目的で、お互いの目指すところを話し合っていなかったのでしょうか。

 人が徒党を組む場合、一致点のレベルによって組み方が変わります。単一の政策への賛否が焦点であれば、様々な組織や個人が連合を組めばよいのです。世界観・歴史観が一致するなら政党を興せばよいと思います。危機に当たっては、その危機の回避一点に絞った徒党が組まれます。反ファシズムの統一戦線がありました。

 離党した議員たちが、消費税率アップの阻止を焦眉の問題とするならば、その点での統一戦線を呼びかけたらいかがでしょうか。自民党であれ、共産党であれ、賛同する者とは組む。この動きを先導するならば、それは本当の意味での「政治」だと思います。そうではなくて、次の選挙を有利に戦うための単なる戦術なのであれば、この人たちは政治家として大きな考え違いをしているのではないでしょうか。

 社会の転換期においては、何に反対するかという一致点も非常に重要です。しかし、次の段階では何を作り出すのかという理念ベースでの一致がなければなりません。

« お守りに反映する世相 | トップページ | 連帯を阻むもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お守りに反映する世相 | トップページ | 連帯を阻むもの »