« 落合という人生 | トップページ | 筋トレの弊害 »

2011年12月 9日 (金)

ディー・エヌ・エー春田会長の言葉

  ディー・エヌ・エーの日本プロフェッショナル野球組織(NPB)への加盟が正式に決まった。これに伴って春田会長の記者会見があった。その席上で運営方針について何点か語られたが、具体的な来季の目標を問われると、「来季はとにかく最下位脱出。3年でCSシリーズ進出。そして、5年でリーグ優勝を」(春田会長)と述べた。

 この発言について、いささかがっかりしたというか、勝負というものが分かっていないのかと思った。一般企業の経営であれば、業績の回復には何年か必要だろう。中期的な計画を立てて進めなければならない。しかし、プロ野球チームは1年ごとにペナントレースを戦うのだから、まずは優勝を目指さないと試合を戦うことの意味がない。監督のミッションはチームを優勝させることであって、最下位脱出ではない。こんなミッションを与えられたら、いくらでも逃げ道を作ることができる。

 FA宣言した村田選手も、優勝できるチームで戦いたいと語ったらしいが、先のような考え方では引きとめることは難しいだろう。それともお金で留めるつもりなのか。

 最下位のチームが優勝する可能性は小さいがゼロではない。一定の補強があり、練習をしっかりやり、選手の考え方を変えてモチベーションを高めれば、トータルで何割かの力を上積みすることができる。もともと同じプロのチームなのだから、著しく技量に隔たりがあるわけではないのだ。

 5年でリーグ優勝などという発言は、以上にことが分かっていないとしか思えない。

« 落合という人生 | トップページ | 筋トレの弊害 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 落合という人生 | トップページ | 筋トレの弊害 »