« 年明けからブログは毎日曜日にアップ | トップページ | 食物アレルギー 「茶のしずく石鹸」に思う »

2011年12月23日 (金)

日本売りに待った?

 一時、「日本売り」という言葉をよく目にしたが、最近影を潜めている。個人の資産家が、自分の資産の目減りを心配して預金を外貨に換える動きがあった。

 日本がよくないのは今も変わっていない。長期のデフレ、GDPの2倍を超える国債残高。しかし、欧州の危機が先にやってきた。アメリカもリーマンショックから立ち直れない。そこで、日本はまだましだとなった。欧米が低金利政策をとり、通貨を大量に供給したために、円が高くなった。

 この先どうなるか分からない。自分の老後を心配するのは誰しも同じだろうが、自分の国と運命をともにする覚悟も必要だ。暖かい南の国へ行って、蓄えた金でメイドでも雇ってのんびり暮らそうという構想を持つ人がいるが、それで日本人としての人生を全うしたことになるだろうか。

 つつましくとも誇りを持って生きたい。

« 年明けからブログは毎日曜日にアップ | トップページ | 食物アレルギー 「茶のしずく石鹸」に思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年明けからブログは毎日曜日にアップ | トップページ | 食物アレルギー 「茶のしずく石鹸」に思う »