« 薄めて飲む酒 | トップページ | A寿司のアナウンス »

2011年12月19日 (月)

「真面目」の定義

  「うちの社員は真面目なのはよいが・・・。」と経営者の嘆きが聞こえる。あとに続く言葉は、言われたことしかやらない、である。指示を受けたら指示通りに動く。意図的に違う方向に動いたり、さぼったりはしない。しかし、アウトプットは指示した側が期待した程度から何割か減じた大きさとなる。こういうところにも気を配ってほしかったと言うと、そう言ってくれたらやりましたのに、と言い訳をする。

 真面目という言葉は、言われたこと、決められたことに疑問を持たず、黙々と仕事をする性向を意味するようだ。こういう要素が必要とされる状況や時代もあるのだが、これまでの線の延長線上を辿っていけばいい世の中ではなくなったから、その必要性、価値はどんどん低下している。

 予想を裏切るような、期待をうんと上回るような成果を生み出すには、自分で着想を得たり、進め方の絵を書けなければならない。すべてが上手く行くことなどないのだが、そういう要要素を持った人種がいなければならないのだ。目標の達成に向かって知恵を絞りに絞っている姿。これを真面目と呼ぼう。言われたこと、それだけを、その範囲でやっている人間は不真面目なのである。

« 薄めて飲む酒 | トップページ | A寿司のアナウンス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 薄めて飲む酒 | トップページ | A寿司のアナウンス »