« 世界はどうなるのか(富のシェア変動) | トップページ | あまりに杜撰な一般化 »

2011年11月14日 (月)

興福寺南円堂(11/6)

 奈良の国立博物館まで正倉院展を見に行く。あいにくの雨模様だがけっこう人出は多い。しばらく並んで入場する。展示物は、織物や工芸品、書の類である。書には律令制のもとの行政機関が記したものが多くあり、これを読み込めば当時の暮らしがよく分かるだろう。

 続いて、興福寺の特別展示で、普段は見られない北円堂に入る。鎌倉時代に建立されたもので国宝である。中には弥勒如来坐像などが鎮座している。当然、中では写真撮影が許されていないので、外からカメラに収めた。

Koufukuji01

« 世界はどうなるのか(富のシェア変動) | トップページ | あまりに杜撰な一般化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界はどうなるのか(富のシェア変動) | トップページ | あまりに杜撰な一般化 »