« ワールドカップ女子バレー | トップページ | 分かち合うのではなく奪い合う »

2011年11月21日 (月)

長谷寺から榊原温泉へ

 この休みに、会社の同じ部門の仲間たちと小旅行を楽しんだ。しばらく前に飲み会をやった時に、榊原温泉はお湯がいいから行ってみようじゃないかということになり、紅葉の時期をねらって準備してもらった。

 19日は天気予報の通り荒れ模様の天候となり、雨脚が強かった。赤目四十八滝が観光の目玉だったが、足元が悪いだろうという判断でこれを中止し、長谷寺見物に切り替えた。傘を差しての行動は不自由な面もあったが、それなりに風情があり、よかった。法要の最中で、宗教的雰囲気が味わえた。紅葉は暖かい日が続いたため、まだほんの一部であった。宝物の見物をし、榊原温泉に向かった。(写真は長谷寺五重の塔)

 当然だが、榊原も紅葉は遅れていた。しかし、評判通りお湯はよかった。もともとが温泉目的だったので満足した。夜はゲームなどで趣向を凝らし、宴会を楽しんだ。たまにはこういう旅行もいいものである。

Hasedera_2

« ワールドカップ女子バレー | トップページ | 分かち合うのではなく奪い合う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワールドカップ女子バレー | トップページ | 分かち合うのではなく奪い合う »