« 若者の免許取得率低下 | トップページ | 管理職へ »

2011年11月26日 (土)

大相撲の観客減少

 新聞で大相撲の写真を見ると、背景の観客席の空席に驚く。見るも無残な光景である。かつてプロ野球のパリーグは同じような状況だった。球場には閑古鳥が鳴いていた。その時期に比べるとずいぶん観衆を呼べるようになった。

 相撲はこれからが正念場である。普通に考えると、元に戻るのは相当困難なことに思える。息子を見ていると相撲などには全く興味がない。スポーツでもサッカー、野球、バレーボールなどは見る。私の子供のこれは相撲も興味深く見ていた。スポーツに限っては子供の関心事も大人の関心事も同じだった。家族で喜びも悲しみも共有していたのだ。

 高齢者の支持を背景にしばらくは生き延びるかもしれないが、衰退は免れられない。

« 若者の免許取得率低下 | トップページ | 管理職へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 若者の免許取得率低下 | トップページ | 管理職へ »