« 勉強しなさい | トップページ | 小さな失敗から学ぶ »

2011年11月 3日 (木)

リスクをとって生きる

 自分の置かれている状況を客観的に理解することが必要だ。何か問題が発生しているのであれば、その原因を付きとめなければならない。何か達成しなければならない課題があるのであれば、有効な手段を導き出さなければならない。自分だけの問題や課題でなければ、考えをもっと広い範囲に及ばせる必要がある。さらに社会的な問題や課題になると、分析し、理解するはできても、その対策にまで足を踏み出すことは難しい。

 問題があったとしても、解決するまで自分の人生を棚上げしておくことができない。生きていかねばならない。解決できる問題であれば、しばらくの辛抱だが、そうでなければ我慢も長期化する。障害や危険が待ち受けているかもしれない。ある確率での危険は承知でも、自己責任でリスクを背負い生きていくのだ。そこに覚悟と決断がある。

 客観的な認識の上に、まったく次元を異にする主体的な決断がある。リスクを負うことの裏側に、「自由」が存在している。

« 勉強しなさい | トップページ | 小さな失敗から学ぶ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勉強しなさい | トップページ | 小さな失敗から学ぶ »