« 武田泰淳 「蝮のすえ」 | トップページ | 落合監督の契約切れ »

2011年10月 2日 (日)

「8888」と「・・・1」

 自動車のナンバープレートに目をやることがしばしばある。いつも着目しているのは、ナンバー「8888」と「・・・1」の車だ。

 この特定した番号に出くわすことが、どのくらいの確率であるかを観察している。まだ記録を残すところまで凝ってはいないが、記憶をたどると、これまでのところ「8888」を目撃した回数の方がやや多い。私の住んでいる関西地区ではどちらのナンバーが多いかは知らないが、私の経験上はそうである。

 さて、数日前のことだが、帰宅途上で、あるホームセンターの前を通りかかった時に、まず「8888」を見つけた。またあったと思いながら通り過ぎ、続いてその後方の車を見ると、なんと「・・・1」であった。自分のマークしている二つのナンバーが隣り合わせで連続する確率は相当低いに違いない。

 こういうことがあると、何か幸運が訪れないかと期待してしまうものだ。大抵の場合、何も来ないのだが。

« 武田泰淳 「蝮のすえ」 | トップページ | 落合監督の契約切れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武田泰淳 「蝮のすえ」 | トップページ | 落合監督の契約切れ »