« サービス産業を考える | トップページ | 眼下の敵(THE ENEMY BELOW) »

2011年9月28日 (水)

通販の広告 矯正下着のモデルは?

 おそらく、多くの人が抱いている疑問であろう。

 体の部位を細く見せたり、大きく見せたりする矯正下着が通販で扱われているが、広告に登場するモデルは元からスタイルのきれいな人である。だから、どれだけの効果があるか写真では確認できない。説得力のある広告にしようと思えば、普通の下着との比較が望ましい。同じモデルで、別の下着を付けた写真を並べるのだ。モデルはスタイルの崩れた人でなければ意味がない。

 今朝の新聞には、「小顔でほっそり見えるプルオーバー」の広告が載っていた。これも例外ではなく、小顔でほっそりした女性をモデルにしている。ある意味インチキではないか。大顔で、太った女性が着て、本当にほっそり見えるかどうか検証しなければならない。

 その前に、そんな服を買うよりも、痩せる努力が先だろう。足を長くしろと言っても無理だが、贅肉を落とすことはやり方次第で可能だ。食生活を改善するとか運動するとか。そんな努力もしないできれいに見られたいと思うのは虫がよすぎるのではなかろうか。

 とはいえ、売れているということは、見た目を気にしているということだ。女心か、老いへの恐怖か。
 

« サービス産業を考える | トップページ | 眼下の敵(THE ENEMY BELOW) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サービス産業を考える | トップページ | 眼下の敵(THE ENEMY BELOW) »