« 老後の資金 貧老富老格差 | トップページ | 銀婚式の旅行 »

2011年9月25日 (日)

先に動くかどうか

 人間には個体差がある。体の大きさや運動能力、感受性や思考力などにも違いがある。このような違いが、人間の人生を左右する要素になるのは間違いないだろう。しかし、社会において有能な人材として頭角を現すためには、そのような要素を多く持つ必要があるのだろうか。

 そうではなくて、何事も、先に考え、先に行動することが最重要ではなかろうか。80%ぐらいが、このことで決まってしまうような気がする。この仕事を手伝ってくれるものはいないかと呼びかけられたとき、真っ先に手を上げて手伝う。このような人はより多くの仕事を経験するだろうし、上司や同僚からの信頼も得るに違いない。しだいにリーダーとして成長していく。対照的に、いつも手を上げられない人は進歩が小さい。

 新しい事業もそうだ。儲かるという情報を得てから始めたのでは、すでに儲からなくなっている。先行者の利益があるのである。

 先んずれば人を制す。

« 老後の資金 貧老富老格差 | トップページ | 銀婚式の旅行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老後の資金 貧老富老格差 | トップページ | 銀婚式の旅行 »