« 就職戦線なお厳し | トップページ | 眼鏡美人 唐橋ユミさん »

2011年8月31日 (水)

自由度の低い世界になる

 なにかにつけ、選択肢が狭まっていると思う。

 人生の選択とは、まず職業の選択である。いろいろな仕事があるように見えるかもしれないが、実はない。経済成長し、また人口が増加しているときには、必要とする労働力の絶対量が大きいし、産業構造も変化し、あたらな職種が創造される。民間企業からの求人も多かったし、公務員への需要も大きかった。教員の数を増やす必要があったし、サービス業へ労働人口がシフトする流れもあった。

 今は、昔花形だった職業にも暗雲が立ち込めている。医者はまだいいとしても、歯科医は過剰であり経営難が襲う。弁護士もなったはいいが、独立できず、一般企業の社員となる例も多い。税理士などでも同じと聞く。税務署に長く勤めて独立した場合と違って、資格を取っただけでは顧客をつかむことができないからだ。また、学問の世界も厳しいようで、教授のポストなど不足しており、簡単に上がれない。少子化のなかではなかなか厳しい。
 少数激戦の世界に飛び込むのはあまりにリスクが大きい。失敗した時の受け皿がないからだ。昔だったら、親が面倒を見ることができた。しかし今は親の方に余裕がない。昔だったら、中途での採用も旺盛だったが、今は経験を要求されるなど門戸はせまい。

 企業の選択の幅も狭まっている。新しい産業の登場は旺盛ではないし、在ったとしても多くの企業が群がるから厳しい。ニッチなところを攻めるか、既存業界でシェアを上げるために知恵を集中するしかない。もちろんやり方次第で成功は可能だが、極めて強いストレスがかかる。
 それだけ、利益を上げることが難しくなっているのだ。だから儲かる情報に突き動かされて資本が世界中を駆け巡る。それによって、予期しない為替の変動や株価の乱高下が生じるのである。「世界市場」が労働者を国際間競争に巻き込んだ。資本は移動できても、労働者は簡単には動くことができない。できるとすれば、貧しい国の労働者が先進国に流入する場合である。

 このような事情の中で、人は、企業は生き方の選択を強いられる。また、夢も持ちにくい社会になりつつある。それでも、個々人にとっては嘆いてばかりはいられない。自分の納得が第一である。やりがいは自分で見つけなければ、だれかが与えてくれるわけではない。つきなみな表現だが、信じてやるしかないのである。

« 就職戦線なお厳し | トップページ | 眼鏡美人 唐橋ユミさん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 就職戦線なお厳し | トップページ | 眼鏡美人 唐橋ユミさん »